美容外科クリニックで施術を受け、自信を取り戻す方も大勢いらっしゃいます

目元のコンプレックス

女性

ハーフのような目元

ぱっちりとした目元になるために利用されている二重整形ですが、その仕組みは非常にシンプルです。最も一般的に行われている埋没法は、二重のひだを作った後、糸でまぶたの裏側から留めるという方法となります。3点留め、5点留めなど糸を留める箇所の数によって費用も変わり、たくさん留めるほど高くなる傾向です。また、洗顔したり目をこすったりして糸が取れてしまった場合や、仕上がりが気に入らなかった場合など、一定の期間以内なら無料でやり直してくれるなどアフターサービスが充実している病院もあります。もう一つの二重整形の方法としては切開法があり、メスでまぶたを切って二重のひだを作り縫い合わせるという整形方法です。埋没法と違い、洗顔したり目をこすったりしても取れることはありません。効果が半永久的に持続する安定した手術であるため、費用も埋没法より高く30万円前後が相場です。抜糸をしたり、術後の経過を見せるなど病院に定期的にかよわねばならず、問題があった時は適切に対処してもらえるでしょう。

糸で留めるだけのプチ整形である埋没法は、リーズナブルな費用で手軽に二重にできるのが魅力ですが、ハーフのような幅広の二重にすることはできません。また、まぶたが厚めの人は糸がはじけてしまい、元に戻ってしまうこともあります。そのため、ぱっちりとした二重になりたいならメスを使った切開法で行う必要があります。切開法はまぶたを切開するものの脂肪を取ってまぶたを薄くすることもできるので、腫れぼったい目の人でもぱっちりとした二重を実現できます。ただし、切開して縫合するため埋没法のようにやり直しはできず、将来的に幅を変えたい場合は埋没法の方が良いでしょう。そして、整形で得られるのは理想の目元だけではなく、自分に対する自信も培うことができます。ノーメイクでもぱっちりとした二重でいられるため、旅行やお泊りも怖くなくなるでしょう。目細工のノリやテープをずっと買い続けることを考えると、費用的にも整形した方が安い場合もあり、コストパフォーマンスの面でも優れているといえます。

Copyright© 2019 美容外科クリニックで施術を受け、自信を取り戻す方も大勢いらっしゃいます All Rights Reserved.