美容外科クリニックで施術を受け、自信を取り戻す方も大勢いらっしゃいます

目をぱっちりとしたい

女性

施術内容と基礎知識を学んでおこう

美容整形外科などで二重瞼にする場合には、2種類の方法があります。一つは、埋没法と呼ばれている整形で、上瞼の部分を医療用の細い糸でつり上げて二重を作る方法です。この方法は、わずか5分から10分程度でできるため、わざわざ仕事や学校を休まなくても問題ありません。しかも、ダウンタイムがほとんどないため翌日ぐらいから普通にお風呂に入ることができるでしょう。また、よほど激しい運動でなければある程度体を動かしても問題ないです。費用に関しては、およそ6万円から8万円ぐらいが相場になります。もちろんそれ以上安くなることも高くなることもありますが、10万円以上するようなことはめったにありません。これに対して、二重瞼にするもうひとつぼ方法として切開法があります。切開法の最大の特徴は、メスを入れることで半永久的に二重瞼を実現できる点です。顔に脂肪がよくついている人の場合には埋没法が利用できない場合が多く、切開法を利用することになるでしょう。費用は、40万円から50万円の間ぐらいになります。

二重瞼に美容整形をする場合は、費用も重要になりますが、費用以外の基礎知識としては痛みが伴うかどうかも重要になってくるでしょう。痛みに関しては、どちらの整形も麻酔を行うためほとんど痛みがありません。全身麻酔をするようなことはありませんが、部分麻酔を行い手術が終了になります。二重瞼にする場合には、後日痛みが伴う様な事があるかもしれません。この場合には、事前に痛み止めなどを処方してくれますので、もし痛みが伴う場合には用法に従って飲むようにするべきです。基本的に、二重瞼の費用は全額自己負担になります。風邪を引いたときやけがをした時のように国が3割負担してくれる訳ではありません。二重瞼の場合には、ほとんどの場合は治療をではなく審美に関することだからです。ただ例外的に、眼瞼下垂の場合には病気の一種と考えられるため二重瞼にしたとしても治療のカテゴリーに分類されます。その結果、国が7割ほど施術の費用を負担してくれるでしょう。この場合は、埋没法を使うことはせず切開法のみの施術になります。

Copyright© 2019 美容外科クリニックで施術を受け、自信を取り戻す方も大勢いらっしゃいます All Rights Reserved.