美容外科クリニックで施術を受け、自信を取り戻す方も大勢いらっしゃいます

理想の目元を手に入れる

二重整形

仕上がりや料金を重視する

二重整形の手術には大きく分けて2種類の方法があります。まぶたの裏側から糸で留める埋没法はメスを使わない手術で、傷跡が残らないのが特徴です。気に入らない場合は糸を切ってやり直すことができますが、厚ぼったいまぶたの人は糸がとれやすくなります。洗顔したり目をこすったりして糸が切れることもあります。まぶたを切開して縫い合わせ二重を作るのが切開法で、ぱっちりとした二重が作れるのが特徴です。切開した時にまぶたの脂肪も取れるので厚ぼったいまぶたの人にも向いています。まぶたに少し傷跡が残りますが、半永久的に効果が持続する方法です。傷跡は残したくないのか、どんな仕上がりにしたいのかを基準に選ぶと良いでしょう。口コミでの評判が良いことも、選ぶ基準となります。また、手術費用も選ぶ基準となりますが、埋没法は両目で15万円前後、切開法は両目で25万円前後が相場です。美容整形外科によっても費用が異なりますが、相場から大きくかけ離れた料金設定の病院は避けた方が良いでしょう。

近年はぱっちりとしたハーフのような瞳がもてはやされており、生まれつき一重まぶたの女性の多くは何らかの目細工をしています。毎朝ノリやテープなどで二重を作り、メイクをして出かけるのは時間もかかります。そのため、二重整形が注目されているのです。もともと自分で人工的に二重を作り出しているので整形することに抵抗も少なく、朝のメイク時間を短縮できると好評です。また、旅行に行った時にノーメイクになっても、二重をキープできるのも魅力です。そして、二重整形がこれほど注目されるようになった背景には、費用がそこまで高くないこともあげられます。埋没法なら10万円ほどで手術が受けられる病院もあり、経済的な負担もそれほど大きくありません。ノリやテープを一生買い続けるとなるとトータルでは10万円を超える可能性もあり、長い目で見れば整形をした方が費用的にも安上がりのこともあります。手術の時間も短く、埋没法なら10分、切開法でも30分程で完了するのも注目されている理由といえるでしょう。

Copyright© 2019 美容外科クリニックで施術を受け、自信を取り戻す方も大勢いらっしゃいます All Rights Reserved.